緑豊かな惑星シリーズレビューのガルガンティア


緑豊かな惑星のガルガンティア 概要:

緑豊かな惑星のガルガンティアでは、レドは16歳のパイロットであり、銀河同盟が敵(明らかに宇宙で生き残ることができる巨大なイカ型のもの)に対して人間の生存のために戦っています。

残念ながら、戦闘中、彼はほとんど宇宙に投げ込まれ、小さな青い惑星に沈んでしまいます。 家に連絡することができないので、レドは彼がこの世界で見つけた人間と共存することを学ばなければならないでしょう。

緑豊かな惑星のガルガンティア レビュー:

私はこのアニメを楽しむことになったのと同じくらい、これはひどく誤ったラベルが付けられていると本当に感じています。 MALはそれをアクション、SF、アドベンチャー、メカとしてリストしています。 そして、あなたは何を知っていますか、それらの要素はすべてアニメにありますが、あなたが主に得るのは、エピソード1で誘拐されたかわいいメッセンジャーの女の子(エイミー)と新しい生活を送る方法を学ぶレドです。彼。

そのようなことが起こり、海賊とスカベンジャーなどの間で小規模な戦いがいくつかありますが、これは本当にレドが実際に生きることを学んでいるだけであり、最後に紛争を紹介して覚えています 実はメカです

ガルガンティア2

最初のエピソードはショーのトーンについてかなり誤解を招きますが、それはレドが本当にリラックスして平和に暮らすことを学ぶことができない理由を理解するために私たちをうまく設定しました。 非常に短い時間枠で、私たちはレドの絶え間ない戦い、忠誠心、そして人間とのつながりがほとんどない世界について多くを学びます。


ダンガンロンパデカデンス

彼の最も強い感情的な愛着は、チャンバー、彼のメカ、またはその上のコンピューターAIに対するものであり、実際には、それは実際の友情ではなく、信頼の1つです。 したがって、このオープニングバトルのトーンは、シリーズの後半で発生することを反映していませんが、シーンを設定するためのちょっとしたキャラクター構築であり、ログに記録されるまで長くは続きません。惑星と監視室が海の底から回収されます。

ガルガンティア6

ストーリーが始まると、それはかなり予測可能なパターンに従います。 レドは何かをしようとしますが、通常は彼の高度な技術を使って近道をしようとします。それが想定されている方法ではないか、何かに損害を与えるため、人々はすべての動揺とショックを受けます。レドは自分自身とエイミーを気の毒に思います。彼にピックアップのペップトークをするためにやって来ます。 これは少し単純化しすぎていますが、ファイナルに向けて構築を開始するまで、基本的にエピソードの大部分をカバーしています。

ガルガンティア3

リスはどこから来たのかという疑問が残ります。 船の周りを走っている他の多くの陸上動物がいないように見えるとき、それは一種のランダムに見えると考えられているすべてのもの。



スポンサーリンク


ガルガンティア7

物語には、アニメが前面に出すのが大好きな通常のスライスオブライフのアンティックのために絶えず脇に押しやられているように見えるいくつかの素晴らしいアイデアがあります。 私たちは最終的に、宇宙イカとのその大規模な宇宙紛争の概念と、宇宙で何が起こっているのかについて何も知らない人間が惑星にいる理由に戻ります。 答えはかなり早い段階でかなり明白ですが、物語が終わりの前にその物語のサイエンスフィクションの部分に戻ろうとするのはそれでもいいことです。

ガルガンティア4

それに加えて、キャラクターは実際に見るのがちょっと楽しいです。 レドは、正当な理由で、最初はかなり無感情ですが、最後まで行く方法がまだあるとしても、よりバランスの取れた人になります。 エイミーはかわいくて、時々ファンサービスに使いすぎますが、ほとんどがショーの中心であり、すべてをまとめています。 船に乗っている残りの人々は、たとえ彼らが自分たちのやり方にあまりにも設定されていて、おそらく他の選択肢があるとは決して考えていなくても、すべて彼らの目的を果たします。

Gargantia8.jpg

しかし、このアニメがそれのために行っている最大のプラスは、それが美しいということです。 宇宙であろうと海であろうと、このアニメは見事です。 海の上の星のある夜のシーンは、信じられないほどリアルに感じられ、あなたをこの世界に引き込み、彼らが一生懸命に構築しているのです。 ストーリーが保留になっているように見えても、ビジュアルは画面を見続けることができます。

ガルガンティア2

だから私はこれを見て楽しんでしまいましたが、主にそれがどのように始まりそして終わったかが好きだったからです。 真ん中の部分は私の好みのように少しスライスオブライフになりすぎて、多くは起こらないようですが、いくつかの素晴らしいコンセプトがあったので、ショーを放棄することはありませんでした、見た目は素晴らしかったですで、キャラクターがちょっと魅力的だったので、どこに行くのか知りたかったです。

見たことがありますか ガルガンティア? どう思いました?


100ワードアニメをお読みいただきありがとうございます。

コメントでディスカッションに参加してください。

カランディジェームス




引用元サイト



スポンサーリンク


アメリカの日本アニメカテゴリの最新記事